魔法使い「女戦士が池に入りだしましたぞっ!」

白髪髭の魔法使いの爺さんが、コソコソとしながら勇者と僧侶に報告にやってくる。

野宿することになったタイミングで入浴中の女戦士を襲う!・・・
数週間前から勇者と僧侶、魔法使いで計画していた輪姦作戦だった。

勇者に合図された僧侶が、物音を立てないように池に近づき、女戦士の鎧と武器を回収する。

パーティで一番筋肉質でスレンダー巨乳な女戦士だが、丸腰全裸で男3人に押さえ込まれたら観念するはずだという算段であった・・・

僧侶がすぐに見つからない場所に、女戦士の装備を隠し終える・・・
勇者と僧侶と魔法使いは、股間を固くさせながら草陰で女戦士の入浴を覗き続ける・・・

濡れた肢体を月明かりで光らせながら女戦士が池から上がる。
後は、池から上がった女戦士を全員で一斉に押さえ込んで・・・のはずだったが・・・

欲情した勇者、僧侶と魔法使いが、全裸の女戦士に飛び掛かるがヒラリとかわされて僧侶が蹴りを喰らう。

僧侶「ごふっ!」

一発で倒れ込んでしまう僧侶・・・

女戦士「お前らっ!怪しいと思ってたんだ!ただじゃおかねえぞっ!」

怒鳴りながらさらに僧侶の腹を蹴り上げる。
必至になって女戦士の腰にしがみついた勇者・・・

女戦士「勇者てめぇっ!チ〇ポ使い物にならなくしてやっ・・・」

魔法使い「ラリホーッ!」

勇者がやられる寸前で、女戦士を魔法で眠らせる事に成功する魔法使いの爺さん。

勇者「やべえなコレっ・・・どうすっか・・・」

魔法使い「もう後には引けませんっ・・・縛り上げましょうっ!」

覚悟を決めてしまった勇者と魔法使いであった・・・

不愉快な匂いを感じて女戦士は目覚めた。
膣に異物感が出し入れされる感覚と肛門の痛み・・・

顔にはネットリした臭い液体がかかっているのが感覚的に分かる。
うつ伏せに寝かされて、後ろ手に縛り上げられている・・・

女戦士は、信頼していたパーティメンバーに昏睡レイプされている最中であった。
すでに口も膣も肛門も何度も汚されてしまっていた。

口の中にはザーメンの味が残っている。
睨みつけねがら後ろを振り返ると、全裸になったキモイ魔法使いの爺さんが腰を振りまくっていた・・・

勇者と僧侶は、すぐ横で素っ裸でくつろいでいる。
自分の身体を性処理に使った後なのがすぐに分かった・・・

女戦士「お前らっ!終わったらぶっころしてやるぞっ!」

ブチギレる女戦士・・・
明らかにビビッてしまっている勇者と僧侶・・・
寝バック生ハメを女戦士にしながら、卑猥な笑い声をあげるキモイ魔法使い・・・

魔法使い「おぬしが寝ている間に強力な媚薬を飲ませてやった・・・じきに効いてきて怒りも無くなるぞよっ」

一晩中媚薬レイプを3人に繰り返されて、立派な肉便器に仕立て上げられる女戦士だった・・・

FIN