女のトレーナーで金に困るとすぐ男に走るのは珍しく無い。
このハルカもそうだった。
「おじさん、あたし今日お金全然無いの」
「仕方ないなぁ、……わかってるね?」
「はーい」
すぐさまベッドに手を引かれ、小汚い中年が服を脱いでいく。ハルカの前に全裸でベッドに座り、その中心にあるチンポを晒した。
「じゃあ舐めてくれるかな?」
「うんっ」
まだ立ってもいないそれを、皮を剥き、汚れを舌で舐め取りながら亀頭を含む。するとすぐ硬さを持ち、上向きになっていった。
「んぅ……」
もごもごと動かせば汁が僅かに漏れてくる。血管が浮き出て、ハルカの小さな口を目一杯広げた。
「んっ、んっ」
手も使い、顔ごとじゅぷじゅぷと動かしていく。喉奥まで差し込まれゴリゴリ鳴らされると小さなおまんこが濡れてくるのを感じた。
「いいよぉ、いいよぉハルカちゃん。吸い込まれそうだ」
頭を押さえつけられ玩具のように揺さぶられる。
それでも嗚咽ひとつ漏らさず、舌を絡ませ応じていく。よほど慣れているのだろう。
「いくよ!全部飲んでね!」
「んんんぅっ」
ぐっと頭に力を込められ、精液を叩きつけられる。ごくん、ごくんと喉を鳴らし全て体内に収めていく。
それだけでは飽き足らず、尿道に残っているものもちゅうちゅうと吸われると、男の腰がぶるりと震えた。
お掃除とばかりに再度舌を這わせられ、裏筋までなぞっていく。
「いい子だなぁ。ありがとうね」
「ううん。いいの」
「じゃあおまんこに入れていいかな?」
「もちろんっ」
自分から横になり、足を開いて膝裏を抱える。いやらしい小さなお口が汁で濡れてらてら輝いていた。
「ちっさくて可愛いねえ。おじさんが気持ちよくしjあげるからね」
「早く早くっ」
硬さが衰えないそれがぐぐっと押し当てられる。来るであろう快楽に期待して更にチンポを濡らした。
「いくよ」
「ああぁっ」
肉壁を無理に押し広げながら凶悪な雄棒が入り込んで来る。しかしハルカの膣はそれに驚きもせず、ぴったりと吸い付き喜んでいた。
今まで幾人の男を受け入れて来たのだ。
「おじさんのおちんぽどうかな?」
「おっきいよぉっかたいし、すっごく気持ちいいのっ」
望んだ答えが返ってきて、男は嬉しそうに腰を振る。小さな女体に構わず音が鳴るほど激しく動いて行った。
「んぉっおっぁ、あっ」
その度にビクンビクンと押し上げられて喘ぎ声しか出なくなってしまう。小さくまだ成長途中の乳首も痛いくらいに摘まれ、もうセックスの事しか考えられなくなってゆく。
「ハルカちゃんのナカ、とってもいいよ。小さくてすっごく締め付けてくる」
「おじさんのもぉっあたし、だめ、すぐイク、イッちゃいそうなの」
「いいよ、何回でもイッちゃっていいからね。中出ししていいかな?」
「うんっいっぱい出してっ」
男の律動が更に激しくなる。
雌を孕ませんと、えぐるように膣内を刺激していく。入って来る度子宮口まで掘られ、ハルカはもう知らずのうちに何度もイッてしまっていた。
「おじさぁんっもうだめ、あたし、おかしくなるぅっ」
「おじさんもイイよ!イクよ!ハルカちゃん!」
やがて雄棒が限界まで膨張し、奥で止まる。
種付けをするかの如くハルカの動きを封じた。
「あぁあぁっ……おじさんの精液いっぱいきてるぅ…」
「おぉ…っハルカちゃんの…っおじさんのちんぽ吸ってくるよ…っおら…孕め…っ」
どくどくと子宮を満たして来る。濃いめの精液は流れ出もせず、その中に留まった。
「少しの間このままでいようねぇ」
「うん」
肉厚の舌がハルカの唇の中に入ってくる。嫌がりもせず絡ませ答えるその姿。
これでまた旅が続けられる…と、ハルカはにっこり微笑んだ。

FIN