ベッドに入る前に仁王立ちフェラで口内射精フィニッシュをしてしまったベルとヘスティア。
そのまま休憩もせずにベッドに入り、シックスナインでお互いの性器を夢中になって舐め合い始める・・・

卑猥な音を何度も立てながら、止まることなく十数分も貪り続ける・・・

ヘスティアの割れ目からは、ねっとりとした愛液が大量にあふれ出し、射精したばかりだったベルのペニスも再びMAXまで勃起しまくる・・・
それでも二人は夢中になって舐め合いまくっていた。

小ぶりで柔らかい女神の尻を揉みしだきながら、クリトリスに舌を這わせたり膣の奥まで突っ込む。
刺激を感じる度に、細かく痙攣して吐息を漏らす女神のリアクションにさらに興奮を高めるベル・クラネル。

感じさせられてばかりではと、ヘスティアも根元まで咥えこみ吸い上げながら上下させてベルの敏感な肉棒を強烈に刺激する!

ずぼぼぼっ!と卑猥な音が出る度に快楽でベルは尻を上げてエビ反りになってしまう・・・

ベル「神様っ!もう挿れたいですっ!」

ヘスティア「僕もベル君に膣の奥を突いて欲しいっ♡」

ベルの上から退いた女神は、四つん這いになって尻をベルに突き出す。

愛液が垂れるヘスティアの割れ目を凝視しながら尻肉をかき分けるベル・クラネル。

「ずぶっ!ずぶぶぶっ!」

お互いに唾液と愛液で濡れまくっていたので、想像以上にスムーズにベルの肉棒がヘスティアの膣内に入り込んでいった!

ヘスティア「あああっあうううっ!2回目なのにベル君の固いぃっ!」

気持ち良過ぎてプルプルと尻と乳を震わせるヘスティア・・・

ベル「僕もですっ!神様のが凄いこすれてっ!」

「じゅぽんっ!じゅぼぼんっ!」

初回だったなら即射精してしまいそうな心地良さを感じながら、何度も女神に出し入れするベル。
膣奥を亀頭で突かれる度にエビ反りになって喘ぐロリ巨乳女神。

「じゅぼっ!じゅぼっ!じゅぼっ!」

ベルの腰の動きが速くなり、愛液と肉棒が奏でる音のテンポも上がっていく・・・

ヘスティア「ああっん!ベル君っ激しいよぉっ!おかしくなっちゃうぅ」

ベル「僕もですっ!神様気持ちいいですっ!」

ヘスティア「ベル君っキスしてっ・・・」

後背位の状態で繋がったまま、ヘスティアが起き上がり上体を捻るようにしてベルと濃厚に舌を絡める。
尻を掴んでいたベルは、キスをして腰を振りながら今度は女神の見事な乳を両手で揉みしだく。

興奮したベルは激しく女神の舌を絡め、巨乳乳首を摘まみ上げながらさらに高速に腰を振る!

ヘスティア「んんんっ!ふぁっ!いぐぅっ!」

痙攣しながら先に絶頂してしまった女神・・・

小刻みに痙攣している女神をさらに後ろから突き上げるベル・クラネル。

ベル「僕もイきますっ!」

力強く勃起した肉棒を突き出して、女神の膣奥に勢いよく精液をぶちまける。
何度もヘスティアの尻を突き上げて、全部射精しきるまで女神の中に絞り出すベル。

ヘスティア「ベル君の熱いのが中に入ってくる♡」

幸せそうな笑顔で最愛のベル・クラネルを女神ヘスティアは見つめていた・・・

FIN