カズマ 「うーん。サキュバスのサービスで俺好みの修正が入っているのかも」
ダクネス「お、おまえ、カ、カズマ?」
カズマ 「どうしたんだよ、ダクネス? こっち来いよ。まずは背中を流してくれ」
ダクネス「う、うう…」
カズマ 「もちろんタオルを使わずに」
ダクネス「ひ、ひぃい!」

ダクネスは渋々とおっぱいを俺の背中に擦り付けてきた。風呂場に入ってきたダクネスは照れながらも俺の言うことを聞いてくれる。性癖のせいだろう。

カズマ 「いいぞ。ふかふかだ」
ダクネス「こ、こんなんが良いのか?」
カズマ 「ああ、最高だ。どんなクッションよりも気持ち良い」
ダクネス「ま、まだ続けるのか?」
カズマ 「お?もう飽きたのか? それなら、これを挟んでくれ」

俺はしゃがんでいたダクネスの前に立ち上がった。いきり立ったちんこを見せつける。

ダクネス「ひ、ひぃいいい!」
カズマ 「おら、どうした? そのでかいおっぱいで挟んでくれよ?」
ダクネス「く、くぅ……これで良いか?」
カズマ 「お。おう……良い感じじゃないか…んんっ…だてに女騎士をやってはいないな…」
ダクネス「…どういう意味だ……ああ、カズマのおちんちんがびくびくしているな……ああっ…気持ち良いんだな…」

カズマ 「ああっ……最高だ……この乳圧を堪能できる男が世界に何人いようか…」
ダクネス「こ、こんなことがしたいと思う男がそう何人もいてたまるか」
カズマ 「いいや、パイズリは全男の夢だ。男に産まれたら必ずちんこをおっぱいで挟まれたいと思うに決まっている。思わないやつがいて良い訳がない」
ダクネス「あっ、カ、カズマ。動き過ぎだ。私もおっぱいを動かしているのだ。そんなに腰を前後させては、私のおっぱいからはみ出てしまうではないか」

カズマ 「はみ出るくらいでいいんだ。もう、射精してしまう」
ダクネス「え!?」
カズマ 「お、おおう!で、出ているぞ!ああ、ダクネスに、かけている!おお、おおおお!」
ダクネス「ああ、カズマが、いってる!精子を出してる! ああ、熱い!カズマの精液が!顔にまでかかってくる!ああ、ああああ!」
カズマ 「おおお!ま、まだ出る!まだまだ出る!すごいぞダクネス!」
ダクネス「ああ、こんなに、熱くて、どろどろで、ああ、ああっ……」

ダクネスの声は終始嬉しそうだった。