「あー、ちょっとまずいかもしれんね……」

 東條希はそう呟くと、大きく息を吐いた。
 そして、ぐるりと部屋を見回す。
 当たり前だが、自室に人気はない。
 そこで、もう一つ盛大にため息を吐いた。

(要は人恋しくて仕方ないのよね……)

 μ’sの練習を終えて、独りぼっちの部屋に帰ってくると、どうしようもなく寂しくなることがある。

(えりちでも、にこっちでも良いから、捕まえておけばよかったかな?)

 同じ三年生の二人にメッセージを送りたくなる衝動に駆られるが、ギリギリで踏みとどまる。

(二人にはお相手がいるからなあ……)

 そう、絵里は海未と、にこは真姫と付き合い始めていた。

(お邪魔虫をしても良いんだけど……。そういう気分でもないんだよね)

 図々しさならμ’sでも一番だと自負している希だったが、気遣いの人でもあった。
 付き合い始めの時期に割って入るほど野暮でもない。

(食べ頃になったらつまませてはもらうけどね……)

 不穏なことを考えながら、希は改めて気づかされた。

(もしかして、私って余りもの……)

 そうなのだ、他の四人にもお相手はいる。
 それぞれ、穂乃果はことり、凛は花陽とくっついていた。
 要するにフリーなのは希だけだった。

(いや、九人のグループなんやから、普通に誰か一人は余るにきまっとるやん)

 思わず心の声までエセ関西弁になってしまう希だった。
 こうなる前に、のぞえりを決めておけばと悔やんだりもするのだが、後の祭りである。

「しゃーないわ。寂しい女は独り夜の街に繰り出すとしますか……」

 希は化粧台の前に座ると、髪を三つ編みにして頭に巻き付ける。
 そして、その上からウィッグネットをかぶり、特製の金髪のウィッグを装着した。

「どうせやったら、こないだもらった服を着よか」

 クローゼットからは、以前撮影の時に引き取ったロングドレスを引っ張り出してくる。
 すると、いつもの希から愛嬌を抜いて、大人っぽさを足した姿が鏡の前にできあがった。

「うん、うちもなかなかいけてるやん」

 すっかり変身しつくした希は、行きつけのバーへと足を運ぶ。
 これまでもこうして何度か足を運んでいるのだが、未成年と見とがめられたこともないし、ましてや誰も希と気づく者はいなかった。
 弱めのカクテルをちびちびと傾けながら、人待ち顔で飲んでいると、誰かしら相手は捕まる。
 気に入った相手であれば、行きずりのワンナイトも経験済みである。
 しかし、その日は釣果が芳しくなかった。
 話しかけてくるのはつまらない男ばかりで、希のお眼鏡にかなうような相手はまったくいなかった。

(今日は駄目ね。帰ろうかな……)

 見知らぬ女が声を掛けてきたのはそんなときだった。