「なぁ、灰原、セックスしようぜ」

「工藤くん、一体、いきなり何を言ってるのよ…」

「せっかく博士の薬で一時的にでも大人の体に戻ってるんだ。セックスしない理由はないだろ」

 もちろん、単に俺が灰原とセックスしたいだけなんだが。

「お断りよ。私にだって選ぶ権利はあるわ」

「そうくると思った。じゃあ、レイプさせてもらう」

「はっ?」

 俺は、そう言うと強引に灰原を押し倒した。まずは、シャツをビリビリに破き、乳首攻めからいく。

「ジュル…ジュルル」

 灰原のやつ、感度がいいのか、もう乳首立ってるよ。

「ちょっと、やめなさい!!」

「やめろって言っても、体は正直なもんだなぁ」

 俺がそう言うと、灰原は顔を真っ赤にした。

「自分ばっかり気持ちよくなってズルいなぁ。俺のことも気持ちよくしてよ」

 そう言って、俺は自慢のチンポを灰原の顔の前に出す。

「お、おっきい…」

 さすがの灰原も、語彙力を失っているようだ。そりゃ、俺のチンポはでかいからな。

「でもこんなの、口にはいらなっ」

 灰原が何か言っているようだが、強引に口の中にチンポを押し込んでやった。

「んっ、うぇぇっ……」

 灰原は、口に俺のモノが入りきらなかったようで、すぐにチンポを口から出してしまった。

「ちょっと、そういうことされると、強引にしたくなるんだけど」

「強引に、って…?」

 俺は、灰原の髪の毛を無言で掴み、口を無理やり開けさせて、そのままチンポを突っ込んだ。

「…!!」

 灰原は、言葉が出ないようだ。まあ、イラマチオしてるから、当たり前なんだけどな。

「お前のすました顔、いつかめちゃくちゃにしてやりたかったんだよ」

 自分で言った台詞に興奮してしまって、俺は、灰原の口の中に精液をぶちまけた。

「おええっ、おええっ」

 灰原は、もったいないことに、その精液を吐き出している。

「これだけやれば、もうじゅうぶんでしょ…?」

 涙目の灰原に、ますます興奮してしまう。

「何言ってるんだよ、お楽しみはこれからじゃないかぁ」

 そう言って、俺は灰原のスカートをめくり、パンツ越しにクリトリスを激しくいじる。

「ああんっ、ああんっ!」

「灰原、お前、やっぱり感じやすいんだな。マンコ、もうグチョグチョだぜ?」

「そんな言い方…しないで…」

 恥ずかしがっている灰原。これはもう、レイプするしかないだろう。