「やめ……やめてください……」

 私は学校帰りにたまたま乗ったバスで、か細い声で必死に抵抗していた。後ろに立ったサラリーマン風の人が、ずっと私のお尻を触ってくるのだ。私は痴漢されやすい体質なのか、痴漢自体には慣れているものの、この人はちょっと尋常ないぐらい触ってくる。

「あっ」

 とうとう、制服のスカートをめくられてしまった。私は急いで停車ボタンを押したものの、バスの停留所に着いてもバスは止まってくれない。

「ちょっと、どうして!?」

 よく周りを見たら、乗客は全員、男性だった。しかも、全員がこっちに近付いてくる。

「これは被害者の女の子と、痴漢しか乗っていないバスです。痴漢の皆さま、どうぞお楽しみください」

 運転手さんがそうアナウンスすると、車内は爆笑に包まれた。どういうことなのか、さっぱりわからない……。

「このバス、運転手も含めて、痴漢しか乗ってないバスなんだよ」

 サラリーマン風の人が、ニヤニヤしながら言ってくる。

 乗客の男たちは興奮したようにこちらに向かってきた。あっという間に私は手足を押さえ付けられ、あちらこちらを触られる。

「イヤ! 誰か、たすけてぇ~!」

 そう叫ぶが、当然誰も助けてはくれない。私が嫌がれば嫌がるほど、男たちは興奮するようだった。

「ヤバ、俺、もう出ちゃう」

 そう言って、一人の男性が、私のスカートに精子をこすりつけてきた。

「お前だけずるいぞ。じゃあ俺も……うっ」

 ほかの男も、口々に私の制服に精子をこすりつけてくる。

「臭い……」

 私は、もうすでに泣きそうだった。

「まだ泣くのは早すぎるよ! 春菜ちゃんがかわいいから、追加で処女も奪ってあげることにしましたー!!」

 その言葉に、おおお、とバス中が盛り上がる。

「い、イヤ! それだけは絶対にやめて!!」

「春菜ちゃん、自分の立場、わかってる~?」

 そう言って、私は男たちにほとんど全裸にされてしまった。

「靴下ははかせたままにしろよ」

「イヤ……」

 必死に私はおっぱいやアソコを隠そうとするが、男たちに手を拘束される。

「撮影係、ちゃんと撮影しておけよ。春菜ちゃんの大事な大事な処女の卒業の日なんだから」