あたしはなんとなく、一人で街をぶらぶら歩いていた。人気の少ない道に入った途端、二十代前半ぐらいだろうか? あたし的にはガキにしか見えない男の集団が、あたしに声をかけてきたのだ。

「かわいいねぇ、一人? 名前は?」

 ……あたしは背が低いから、こういう馬鹿がよくナンパしてくる。こんなやつら、念能力を使う価値もない。

「んだよ、調子に乗ってんじゃねぇよ! ブス!!」

 あたしが無視していたら、グループのリーダーらしき男が、気に食わないことを言ってきた。

「そのブスにも相手にされない男ってどうなのかね」

 あたしはつい、言い返す。この気の強さで、危険な目にあったこともたくさんあるけれど、我慢できなかったのだ。

「てめぇ」

 リーダーは、顔を真っ赤にしてあたしの胸を触ってきた。……おもわず念能力を発動しそうになるが、おかしい。能力が発動できない。

「あっ、俺の念能力、“相手の念能力を無効にする”だから」

 なんだそれ。団長も確かそういう能力があったが、チートじゃないか。コイツ、幻影旅団にスカウトしたほうがいいんじゃないか?

「あー、ちっぱいもいいねぇ」

 あたしが真面目に考えてるっていうのに、そう言って、リーダーはさらにあたしの胸を触る、というか揉む。あたしはそんなに貧乳でもないんだが。イラっとする。

 とりあえず、コイツはヤバい、と思ったので、あたしはさっさと逃げることにした。しかし、グループで周りを取り囲んできたので、逃げられない。

「ちょっと、大声出すよ!」

「ほかにろくに人もいないじゃん。あっでも、うるさいから口、ふさいじゃおうか」

 その瞬間、あたしはリーダーにディープキスをされていた。

「うげぇっ」

 解放された途端、気持ち悪さがこみあげてくる。

「まさか、ファーストキスじゃないよね?」

 あたしは何も答えられずにいた。図星だったからだ。

「マジかよ、その見た目でキスもしたことないとか、地雷じゃん!!」

 リーダーをはじめとしたグループに爆笑される。

「そうなの。だから、もうやめて」

 あたしは、だんだん弱気になっていた。

「そう言われると、逆に興奮しちゃうなぁ。じゃあ、お兄さんたちの質問に答えたら、解放してあげる。まずは、名前は?」

「……マチ、です」

「マチちゃんね。マチちゃん、オナニーはするの?」

「しません!」

 本当に、あたしはまだオナニーをしたことが一度もなかった。

「え~、ホントかなぁ。マチちゃん、隠れスケベっぽいじゃん。証拠見せてよ」

「証拠って言われても……」

「キスもまだなら、セックスもまだでしょ? 処女?」

「それは……」

「処女なんだね。チェックしていい?」

 言うが早いが、リーダーはあたしのパンツを下におろした。

「ちょっと、何やってるの!?」

「見たらわかるでしょ」

 おおお、とグループのやつらは大興奮している。

「ほとんどパイパンじゃん。割れ目がよく見えるよ」

「み、見ないで!」

「そう言われたらもっと見たくなっちゃうなぁ」

 リーダーは、ジロジロとあたしのアソコを見てくる。

「じゃそろそろ、処女かどうかチェックしちゃおうかな?」

 ……処女かチェックするってどうやるの? という疑問は、すぐに解消されることとなる。