「はい、もうちょっと大きく口開けてね~」

 私は世の中の場所でもっとも嫌いな場所の一つ、歯医者にきている。

 飴を食べていたら、ガリっと歯が欠けてしまったのだ。

 それで歯医者に行ったら、虫歯があることも発覚して、こうして仕方なく治療に通っている。

 でも、主治医は二十代後半ぐらいのイケメンだし、完全個室で綺麗だから、そんなに悪い気はしなかった。新一ほどはイケメンじゃないけどね。

「蘭ちゃん、ちゃんと歯、磨いてる?」

 主治医に言われると、恥ずかしくなる。

「僕がていねいに磨いてあげるから。ちょっと目をつぶってて」

 目をつぶることと歯を磨くこととどう関係があるんだろう……と思いつつ、私は素直に従った。

「んぐっ!?」

 ところが、目をつぶった途端、感じたのは歯を磨く感触ではなくて、硬い何かが口の中に入ってくる感触だった。

 おまけに、なんだかイカ臭いし、毛みたいなものが当たって、チクチクする。

 私はすぐに目を開けた。するとなんと、主治医が、私の口に、ペニス、それもものすごく大きいモノを入れていたのだ。

「あ~、駄目だよ蘭ちゃん、勝手に目を開けちゃったら。そんな悪い子には、お仕置きが必要だね」

 そう言って、主治医は私の胸を揉んできた。

「ちょっと、何するんですか!?」

「蘭ちゃんの、おっぱい揉んでる」

「ふざけないでください。警察呼びますよ」

「荷物は全部預かってるのに?」

 主治医はニヤニヤしている。

「じゃあ、叫んで助けを呼びます」

「残念でした。今、患者さんは蘭ちゃんしかいませ〜ん。僕と二人っきりです」

 これは、本当にマズいんじゃないだろうか……。

 私が逃げ出そうとすると、椅子に手錠で拘束されてしまった。

「先生、なんで、こんなひどいこと……」

「僕、蘭ちゃんのこと、初めて見たときから、ずっと好きだったんだ」

「好きな人にこんなこと、よくできますね」

 私が鋭くにらむと、なぜか主治医は喜んだ。

「いいねぇ、その目つき! 蘭ちゃんのそういうツンデレっぽい感じが萌えるんだよね」

「キモッ」

 私は、おもわず本音を言ってしまった。

「そういうのもゾクゾクするよ」

 本気でキモい。こんなやつのことをイケメンだと思ってた私が馬鹿だった。

 よく考えてみたら、受付のお姉さんはいるんじゃないだろうか?

「先生が変なことをします!! 助けてくださいー!!」

 私は、限界まで大声を出した。

「うるせぇガキだなぁ」

 その途端、主治医の態度が変わって、私の口をおもいっきり大きく開くと、またペニスを口の中に入れてきた。私は、すぐにそれを口から出してやった。

「受付の女もとっくに休憩で外食中だよ」

 そんな。じゃあ、逃げる方法は本当にないの?

「あっ、手が滑った!」

 わざとらしく主治医は言うと、私のブラウスをまくりあげた。