私は会長と付き合った今、どうしても果たしたい願望があります。

 ……そう、痴漢されたいという願望です。

 何がそうなのか自分でもよくわからないけれど、私は昔から痴漢されたいという願望が強くありましたの。

 こんなこと、会長には言えるわけがありません。だから、自分自身で勝手に実行することにしましたわ。

 わざと制服のスカートを短くして、満員電車に乗ります。この時点で男性たちの視線を強く感じる……それだけで濡れてしまう自分がいることを否定はできません。

 近くにいたサラリーマン風の男性が、私のお尻に手を当ててきました。

 もっと、もっと! と思うけれど、手を当ててくるだけで、それ以上のことはしてきません。

 それじゃあつまらないのよ……とばかりに、私は自分からスカートをおろしました。

「えっ、痴女?」

「なんかスカートおろしてる子がいる」

「しかも、めちゃくちゃ美少女だぜ」

 男性たちの言葉に快感を覚えて、私はますます濡れてしまいます。お願い、誰か早く私をめちゃくちゃにして……!

「入れてもいいのかな?」

 耳元でささやいてきたのは、会長とは違い、やさしそうな顔をした男性でした。

 こういう男性こそ、痴漢してくるのね……となんとなく感動してしまいました。

「いいですわよ。お可愛いこと」

 男性は、興奮して私のパンティを脱がすと、そのままペニスを私のアソコに入れてきました。

「この子、ちっぱいだけどパイパンマンコで最高だぜ……」

「あんっ、大きいっ、たまらないっ!!」

 私は、はしたないですが、大声であえぎ声を出してしまいます。

 入れている男性はもちろん、周りの男性は興奮して、私のことをもみくちゃにしてきます。

「もっと……もっと激しく突いてくださいませ」

 私がそう言うと、入れている男性は激しく腰を動かして、私の中に精液を出しました。いわゆる、中出しというやつですわね。

「おいしい……」

 私がアソコへ手をやり、精液を舐めると、もう周りの男性たちは最高潮に興奮しています。

「いいなぁ……」

「俺もパイパンマンコに中出ししたい!」

「どうぞ、私のアソコならいくらでもお貸ししますわ」

 男性たちは、じゃんけんをして私のアソコに誰がペニスを入れるのか、順番を決めているようです。ふふふ、お可愛いこと。

 そのあいだも、手コキやフェラをすることも忘れません。

 男性たちの精液まみれになった私……こんな姿、会長が見たら卒倒してしまいますわね。