私は、とくに何も考えずに街を歩いていた。

 こうして一人で散歩することが、私の好きなことでもあるのだ。

 誰かと一緒にいるのは、わずらわしいから。

 気が付いたら、人気の少ない場所を歩いていた。

「ムガッ」

 私は、突然口をふさがれて、車に乗せられた。

「あなたたちは誰?」

 広い車の中には、覆面をかぶった五人の男たちがいた。

「レイプ魔」

 面倒そうに、一番偉そうな男が答える。

「そう」

 私も面倒だったので、適当に答えた。これから何をされるか、想像がついたから。

「ほら、もう俺勃起してるんだぞ」

 近くの男が、醜い物体を近付けてくる。何も答える気にすらならない。

「なんとか言えや!」

 そいつは、醜い物体、ペニスで私の頬を叩いてきた。

「……何も感じないから」

「お前、冷めてて腹立つな。おら、イラマチオしろ!!」

 そう言って、男は無理やり私の口にペニスを入れてくる。

 ガンガン口内を突かれたが、私は苦しいぐらいしか思わなかった。

「あっ、気持ちいい……」

 男が女のような言い方で、私の口内に射精した。私は無言でそれを全部飲み干す。

「ちょ、ちょっと、嫌じゃないのか?」

 男のほうが私より慌てている。なんだかおかしい。

「車を汚すのは嫌だもの」

「この女、頭おかしいんじゃないか?」

「レイプされなれてるとか? まさかな」

「単なるヤリマンなんじゃね?」

 男たちが口々に私の悪口を言うが、それすらどうも思わない。

「私をレイプしたいなら、ご自由にどうぞ」

 そう言って、私は自分からスカートを脱ぎ、パンツも脱いでやった。

「御開帳もしてあげるわ」

 そして、いわゆる御開帳のポーズをとる。