ドラクエ5のエッチなイベントといえば宿屋のアレですが、きっと道中でも何もなかったことはないはずでしょう。でもプレイスタイルにもよるとはいえ大体は魔物の大所帯になっているはず。そうなれば夜の営みもあまりゆっくりできたものではない――そんなところから想像を膨らませました。

 星空がきれい。

 山で暮らしていた頃は樹木で見通しの悪かった空が一面に広がっている。
 富豪ルドマンの好意でもらった大型船の甲板でビアンカは夜空を眺めていた。

「潮風で髪が痛むよ」

 そう呼びかけてくれたのはこの船ではむしろ少数派である人間の一人。いつも身についている青いターバンでなく、黒髪はまとめていてシンプルなパジャマに着替えている。
 ずっと昔におばけ退治の冒険を共にした相手、寂しい山奥の生活に新しい風を吹かせてくれた相手、そして結婚した相手。

「あなたの髪はぼさぼさじゃない」
「もう僕のは手遅れだからね。ビアンカの綺麗な髪はずっとそのままでいてほしいんだ」
「仕方ないなあ」

 手すりから手を離してすっすっと船内へ向かっていく。だってこのまま会話をしていたら、夫に褒められて顔が真っ赤なのがバレてしまうから。