「ちくしょう……」

 僕は下校中、めちゃくちゃイライラしていた。今日の学校で、殺せんせーをいいところまで追い詰めることができたのに、結局また暗殺失敗だったのだ。

 今日は僕がリーダーとなって計画を立てた暗殺計画だったので、皆にも責められた。

 だったらお前らがリーダーをやれよ、と心底思う。

 ろくに能力もないくせに、文句ばかりは一人前のやつらばかりだ。

「しかも、誰も僕とエッチしてくれないし……」

 僕は、自分で言うのもなんだけど、かわいい系だし、本来ならモテるほうだと思う。

 でも、E組っていうだけで学校ではモテないし、同じクラスのやつらも、まともに恋愛経験のないやつがほとんどだ。

 とくに、女子なんてほぼ全員が処女なんじゃないか?

 僕の魅力を理解するには、まだ皆、子どもすぎるんだろう……。

 だから、僕は家でAV動画をオカズにオナニーで性欲処理する日々。我ながら、情けないと思う。

 僕はこう見えて、レイプ物のAVが好きだった。嫌がる女を犯すとか、最高じゃないか。

 ……待てよ。だったら、実行しちゃえばいいんじゃないか?

 E組のスパルタ授業のおかげで、僕は運動能力とか、全体的な能力が普通のJCよりも大きく上回っている。

 そうと決まれば、早速獲物を物色だ。僕は、人気のない通りをわざと歩き、好みの女を探した。

 すると、僕の好みにぴったりな、OL風の背の高い巨乳女が歩いていた。例えるなら、ビッチ先生みたいな感じだ。

「お姉さん、道案内してほしいんだけど」

 上目遣いでその女に声をかけると、女はホイホイ言うことを聞いた。

 わざと変な場所を指定して、裏通りに入る。

「確かにそこに行きたいならここを通らないといけないけど……ちょっと危ないね。でも、君みたいなかわいい子となら、大丈夫か」

 女がほざいているので、早速、腹を殴って押し倒してやった。

「ちょっと、何するの!!」

「今から、お姉さんのことを犯しちゃいま~す」

「何訳のわからないことを言って……学校に言いつけるわよ」

「そんなことをできる気力がなくなるぐらい、ボロボロにしてやるよ」

 僕が冷たい声でそう言うと、さすがに女も怯えた目になった。

 その隙に、さっさと服を破ってしまう。