スパッツ越しに中出しをされたファラは不満を覚えながらも、予想外の快感に動けなくなっていた。

その隙に団長はベッドに彼女を運ぶと精液と染み出した愛液でベトベトになったスパッツを脱がし、ベッドに寝かせるとちんぽを押し当てながら耳元で囁いた。

「おねだりして?」

「団長のちんぽであたしのおま……あぅっ、ちょっと、ひゃんっ、途中ッスよっ、あんっ!」

不意打ちで挿入されてファラは目を白黒させながらも、念願のボルチオを突かれて悦んでいた。

打ちつけられる度に快感の波が押し寄せ、引き返すカサが膣壁をえぐる度に次の一突きを期待して気持ちが昂っていく。

しかしこういう時に一筋縄ではいかないのが団長である。

突然動くのを止めると、そのままちんぽを引き抜いてしまった。

「えっ……団長どうしたんスか……?」

「ずっと座ってたからか腰が痛くて」

全く平気そうな顔をしながら団長はそういうと仰向けにゴロンと転がった。

「そう言えばファラの帝国式訓練最近見てないなぁ」

聞こえるように呟く団長。

ファラはその言葉で何かを察すると、嬉しそうにしながらも

「仕方ないっスねぇ団長は~」

と言いながら彼の腰に跨った。

団長が脚を開き立っているファラの膣口にちんぽの先端が当たるように腰を反らす。

「じゃあいくっスよ?いー……んっ、ち」

ゆっくりと腰を下ろしたファラは、挿入の快感でビクビクと震えながら再び腰を上げて亀頭以外を吐き出す。

「に、にぃー……あんっ」

再び腰を下ろし付け根まで飲み込んでブルブルと震え、しばらくその状態を維持して腰を上げた。

「さぁーん……やっ、もう無理っス、団長腰を下ろして……」

快感に集中できないことに気付いたファラはそのまま体重を乗せて団長のお尻をベッドに密着させた。

「じゃあファラ、手はつかないで腰だけ上げ下げしてね」

「そんなぁ……」

しかし指示をされた以上そうしなければいけないというのが団長との取り決めである。

ファラは両手を自分の反対側の肩に乗せ、何度も腰を持ち上げてはストンとお尻を着地させた。

「んっ、はっ、これっ、深っ……」

真っ直ぐに上げて、体重をかけて下げてを繰り返すせいか普段よりもずっしりとした感覚がファラを襲う。

徐々にペースは早くなり、気づけばファラの両手は団長の両手を掴んでいた。

「手は使わずにだよ?」

「そんなこと言ってもっ、くふっ、こうじゃないと動きにくいっスよ、んんっ」

欲望のままに腰を振り続け、時折団長から突き上げられては息が止まるほどの快感を受けたファラは、何度も絶頂を迎えその度に絶叫する。