星空凛は電車でライブ会場に向かっていた。
「ああ~、ヤバい…電車降りたらダッシュだよ」
 凛は珍しく寝坊をしてしまい、集合時間に間に合うか分からない状態だった。
でも、集合時間自体が本番前の練習時間を計算に入れて設定されているので、ライブ自体には間に合うはずである。
電車の中は超満員で隙間が無い位ギュウギュウに人が詰まっていた。
(暑い…これだけ人がいると暑くてしょうがないよ……ん?)
 凛の周りは男性の乗客に囲まれていた。

(へっ!? ち、痴漢だ!! どうしよう…こ、声が出ない…)
 男の手は凛のお尻をパンツの上から鷲掴みにして、グニュグニュ揉みしだいている。
凛は勇気を振り絞って、手を払いのけた。
「や、やめてください…」
 小さなか細い声で言うが、男の手はまたお尻を掴んできて、揉んでから撫でまわしてきた。
そして、撫でながらパンツの中に手を入れてきて、そのままグイグイ奥に入れてきた。
(いやっ…やめてっ…だめぇ…)
 凛は男の腕を掴んでパンツから引き抜こうとするが、密着しすぎて引き抜けない。

男の指はワレメに中に入って前後に動いき、クリトリスから膣までの間を弄り回し始めた。
「やっやめてっ…うっぅぅ~…はぁはぁ…」
 凛は更に小さな声で言うが、男の動きは止まらない。
「んん…んぁっ…あっ…いやっ…やめてぇ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」
 男は凛の耳元でハァハァ言いながら、耳に息を吹きかけてきている。
乾いていた凛のワレメは徐々に濡れてきて、クチュクチュとやらしい音を鳴らし始めている。
男は服の上から乳を鷲掴みにして、揉み始めた。
「んん…くうっ…はぁっ…はぁっ…いやぁ~…」
 凛は周りに気づかれないように、小さな声で嫌がりながら、乳を掴んでいる手を掴んで止めさせようとする。

男はパンツを下し始めて、凛のお尻を撫でながらパンツを下に下ろしていった。
膝まで下ろすとパンツはストっと足首まで簡単に落ちしまい、凛のお尻が露になってしまう。
凛がスカートを押さえながら前屈みになると、男は凛の上着を上に持ち上げて、ブラジャーのホックを外してしまった。
突然、胸が開放的になって、何が起こったか分からず混乱している凛の、上着とブラジャーが一遍に上げられて乳が露になる。
必死に隠そうとするが、後ろから手を回されて、スカートも捲られてしまう。
凛のワレメをかき分けて、見たことも無い肉の棒が現れる、男の逸物の亀頭だった。
男が腰を振って何度か凛の股を擦ってから、逸物は凛の膣に向かって下からグイッと押し上げられてきた。
「いっ痛い…いやっ…だめぇ…んん…」
 男は凛が叫べないように口を抑えて、グイグイと逸物を膣に押し込んでいった。
「んん~~~っ!! ん~っ!! はぁ…んっくぅ…んん…はぁっはぁっ…」