ガサガサ…

(ん…なんだ…?)

物音に目を覚ますと

セレナが密かにどこかへ行ってしまう

(こんな時間にどこへ…?)

心配になったサトシは跡をつけることに

一方セレナは…

(はぁ…野宿ってお風呂に入れないのが
嫌なんだよね。昼間見つけた泉で水浴び
しよっと!)

起こさないようひっそりと泉へ向かった

そして…

(誰もいないわよね…)

辺りを見回すと、
服を脱ぎ出すセレナ

それを見ていたサトシは姿を隠し、
息を潜めていた

月夜に照らされるセレナの身体は

膨らみ始めたおっぱいに、
小さな乳首があり

毛の生えないマ⚪︎コは割れ目
がはっきりとわかる

サトシは生まれて初めてみる女の身体に
釘付けになっていく

(セレナの裸見ちゃった…見つかったら
絶対怒られる)

しかし、もう後戻りは出来ない

水浴びをするセレナを食い入るように
見つめるが、良く見えない

サトシはより近くへ行こうと移動していると
セレナが脱いだばかりの服がある

おもむろに手を伸ばすと、まだ温かい
もちろんその中にはパンツがある

バクバクと高鳴る心臓

ポケモンマスターになる夢ばかり
追いかけ、女の子に興味がなかったサトシ
にとってそれは無意識の本能だった

サトシはパンツに手を伸ばし
クロッチ部分を見つめながら

(さっきまでセレナが履いてたんだ、、)

先程見たセレナの裸が頭を過ぎると
股間が熱くなる

(なんなんだ…この感覚)

サトシはクロッチ部分を鼻に押し当て
大きく息を吸う

(おしっこの匂い…あとなんか…すげぇ
いい匂いだ)

サトシが性に目覚めた瞬間だった。

気づけばズボンがキツくなるほど
おち⚪︎ちんが硬くなっている

(な…なんだよこれ…)

あまりに窮屈でそれを取り出すと

おち⚪︎ちんを握りながらセレナを見た

水の中にいるため、裸を見ることが出来ない

しかし、パンツと先程の裸が頭から離れず、
匂いを嗅ぎながらおち⚪︎ちんを扱き始めた

(うっ…なんだこれ、気持ちい)

自分の身体なのかと疑うほどの衝撃が
頭の先まで走る

サトシは木陰に隠れて夢中でオナニー を
続ける