日曜日の午後、三浦ハルは自宅に笹川京子を迎え入れて女子会を開いていた。お互いOLとなり会う機会は減ったが、久々の再会に2人は心を躍らせていた。

 「ハルちゃーん、久しぶり!」
 「京子ちゃん、お久しぶりです!」
 「前に会ったの……並盛が平和になって以来かな?」
 「多分、2年は経ってますよ~」

 2年前は、ミルフィオーレファミリーによるボンゴレ狩りが行われた凄惨な時代。この並盛を救うべく、10年前から若き10代目ボンゴレファミリーを召喚し、壮絶な激闘が繰り広げられていた。

 「ワンダフルで、キュートに盛り上がりましょ~!」
 「そうだね!」

 天真爛漫で好奇心旺盛なハル、お淑やかだが天然ボケの京子。女子会では、ガールズトークに花を咲かせて盛り上がっていた。

 「京子ちゃん、彼氏はできました~?」
 「最近は仕事が忙しくて。 ハルちゃんは?」
 「なかなかツナさんが振り向いてくれないんですよ~!」
 
 ハルの部屋に2人の黄色い笑い声がよく響く。女子会も中盤に差し掛かった頃、

 「京子ちゃん、コスプレしませんか~?」
 「コスプレ?」