『愛する娘、クラリスへ

21度目の誕生日、おめでとう。娘の成長を、心から喜ばしく思う。

旅はどうだろう?元気にやっているかい?

もし良ければなのだが、1度顔を見せに来てはくれないだろうか?

日頃の感謝も直接伝えたいから、団のみんなと一緒に。

良い返事を期待しています。

父ハロルド』

「って手紙が来てるんだけど、もう結構島から離れちゃってるし、ウチ1人で行こうかなと思ってて」

甲板で待っていたクラリスから手紙を渡されて、読み終わると彼女は申し訳なさそうに申し出た。

「大丈夫だよ、一緒に行こう」

そう言うとパアッといつもの笑顔に戻って、鼻歌を奏でながら艇内に向かって行った。

「あ、流石に全員は迷惑だろうから呼ぶ人は選んでね」

「わかってるよ~☆」

鼻歌が遠ざかっていくのを確認して、団長としてはこれが正解なんだと自分に言い聞かせる。

旅に出てから4年、イスタルシアに近付いているのかさえ、正直わからない。

しかしわからないからこそ、こうした申し出には全て応えたいという気持ちもある。

その結果が前進の妨げになっているのではないか?と言われることもあるが、それでも団員を大切にしたいのだ。

これから先、必ずしも全員が無事でいられるとも、限らないのだから。

クラリスからの申し出から2週間後、ボクたちは彼女の故郷にきていた。ついでにザンクティンゼルにも寄る話が出ていて、そこまでの航路も大体2週間程度だとラカムさんが言っていた。

4年にも及ぶ旅が、たった1ヶ月で引き返せるものだと思うと、なんだか笑えてしまう。

「ここがししょーの部屋でー、こっちはフィーナちゃんの部屋でー」

クラリスは招待した団員に宿泊する部屋を案内していて、ボクはただ黙ってその後ろを着いていった。

「団長の部屋はこっちだよー」

最後の1人となり、クラリスと2人で自分の泊まる部屋へと向かう。

しかしその道中

「あれ?」

クラリスが不思議そうな顔をしながら扉を見た。

「どうしたの?」

「うーん、こんなところに扉なんてあったかなぁ」

詳しく聞いてみると、部屋と部屋の間隔的にも存在し得ない扉だと言う。

星晶獣の仕業とも考えにくいが、仮にそうだったとしたら旅のヒントになるかもしれない。

「どーしよ、ママに聞いてみ……あれ?団長?」

ボクは旅の成果がでない焦りから、普段はしないであろう判断と行動をした。

星晶獣の気配があれば、ルリアはすぐに言ってくるはずなのに、全く気にもとめず、無計画に扉を開いてしまったのだ。

そして

「いててて……」

「あたた~……あ、団長ごめん!」

クラリスもろとも扉に吸い込まれてしまい、仲良く暗い部屋へと落とされた。